ピュアニーモ&カスタムドールメインのブログです♪
2017-01-22 (日) | 編集 |
_DSC9849a.jpg
ドールショウの福袋に入っていた おとぎちいかのボブヘアが乱れ気味だったので、
お湯パーマして整える過程を写真撮ってみました。
アイペイントにも手を加えちゃってますが、お湯パーマのみの記事になります。

写真多いのと、ヘッドだけの写真もあるのでたたみますぞー!

箱から出してヘッドのスリーブを外した後、櫛で整えてこんな感じでした。
_DSC9835.jpg 

水を吹き掛けてから櫛で整えた状態↓
_DSC9837.jpg

オイルミストを付けて整えればもうちょいまとまっていたと思いますが
やっぱりハネが気になるので、お湯パーマすることにします。

【用意する道具】
・シリコンシート
(クッキングシートともいいます。スーパーや100均のキッチンコーナーに売ってます)
・ラップ
・セロテープ
・コップ
・コップにかぶせる蓋(なくてもOK)

①シリコンシートを3cm×3.5cmくらいにカットして、上の角をカットします。
上の角をカットすることで、髪とヘッドの間に差し込みやすくなります。
_DSC9839.jpg 

②髪全体を水で濡らします。髪を整えやすくなります。
_DSC9838.jpg

③水で湿らせたシリコンシートを、髪とヘッドの間に挟みます。
アイプリントと髪が熱でくっつくことを防ぐことができます。
_DSC9841.jpg
アゾンなどの市販ドールのアイプリは頑丈なので、
シリコンシートなしでも、まあ大丈夫な場合が多いですが、
お湯がアッツアツだと、髪がアイプリにくっついて、
アイプリに繊維の線が残ることがあるので、
やっといたほうが安心です。

④髪全体を櫛で整えた後、ヘッドにスリーブをかぶせます。
 _DSC9843.jpg

⑤ヘッドの頂点からラップをかけてくるみ、
首の根元でしぼったあと、ラップをテープで固定します
_DSC9845.jpg
完全にヘッドを包み込むのではなく、首穴のところをのラップをあけておくと、
お湯パーマするときに浮いてこなくて、いい感じになります。

⑥コップにヘッドを入れたあと、お湯をコップに注ぎ、
蓋をして冷めるまで置きます。
bob01.jpg
先にヘッドを入れた後にお湯を入れることで、
ヘッドの首穴からお湯が徐々に入っていくので、
なにもしなくても浮いてこなくなります。

首穴の空きが少なくて浮いてくる場合は、
丸めたホイルを入れてから蓋をするとかして、
なんとかヘッドがお湯の中につかるようにしてください。

⑦お湯が冷めたらヘッドを取り出し、ラップをとって乾かして完成。
_DSC9851.jpg 
お湯パーマのついでにアイペイントもいじってみました。
茶髪に緑目が好き~~。

時間がたつとまたカールが広がってくると思いますが、
簡単なのでやってみてね!
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: