ピュアニーモ&カスタムドールメインのブログです♪
2012-12-13 (木) | 編集 |
カスタムヘッドの作り方を書いていきます。
長くなりそうなので今回は下書きまで!
下書き編、彩色編、保護コート編、ヘアカット編の4回の予定です。
絶対このやり方がいい!というのも無いですし、講釈たれるほどの技術も無いのですが、
私はこうやってるよっていう紹介ってことでどうぞよろしくですー

DSC_1147.jpg
使う道具はこんな感じ~
ほかにも割り箸とかセロテープとか、チーク用の筆とか写ってないものもちょこちょこあります。
ペイント用の筆は、200円くらいの面相筆一本でやってます。

つづきはたたみます。
※胸像状態の画像ばかりなので、苦手な方は注意!


髪をヘアゴムで縛ります。
DSC_1143.jpg

薄め液をふくませた綿棒でヘッドの表面をふきふきしてきれいにします。
DSC_1150.jpg

Mrカラーの赤と黄色と黒をパレットで混ぜて、茶色をつくります。
乾燥しても、薄め液を追加すれば、塗料が溶けてまた使えるので、
パレットに作ってあるのを溶かして適当にやってます。
それにしてもパレット汚い・・・
_DSC3341.jpg

薄め液で薄めた茶色で、適当に描いてみる。
全然左右対称じゃないけど、気にしない!とりあえず描いてみます。
DSC_1155.jpg

竹串と小さく切ったティッシュを用意~
竹串は爪楊枝でもOKですよ。
DSC_1157.jpg

ティッシュを半分に折って、さらに竹串の先端を覆うように折ります。
DSC_1158.jpg

竹串の先端をくるむようにティッシュを巻きつけます。
DSC_1160.jpg

そして、薄め液をティッシュにふくませて~
DSC_1161.jpg

茶色の線をなぞると色が消えます。
化粧用の細い先端の綿棒でもいいのですが、コストパフォーマンスと先端の強度的におすすめです。
DSC_1164.jpg
余分な色を削り落として、シャープな線を作る感じで、目の枠を描いていきます。
この辺のことは、グッスマのミカタンブログに分かりやすく書いてあるので、
そちらのほうを見てもらえればと思います。
説明まる投げしてしまってますが、マジでわかりやすいのでオススメ!!

定規のマス目を鼻とあごの位置で合わせて、左右の高さとかを見ます。
定規をきれいにしておかないと、鼻が汚れやすいので注意~。
DSC_1165.jpg

こんなもんかな~ってとこで下書き終了!
一番初めに描いた目口と位置ぜんぜん違う!
DSC_1169.jpg
この下書きには、納得いくまで描いては消し、描いては消しを繰り返して、時間かけたほうがいいです。
色塗り始めてから修正するのはたいへんですからね

疑問、質問など、コメントしてくだされば、分かる範囲でお答えします。
次回、彩色編に続く~
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: